地球トラベラー

🌎魂の記憶に導かれて海外生活15年&世界中を旅した記録🌍

【51〜トラベラー🌏日記】 健康マニアからのお役立ち情報

 

Welcome !

 

 

そろそろ旅に出たくなったかも✈️

 

 

こんばんは〜! しばらく投稿がスローになっておりますが、諸々思うところがありちょっとブログから離れておりました。 

 

ブログ記事につけていたブログ村のバナーも外しスッキリ(苦笑)  

 

私は前世とか見えない世界のことも書いているけれど、私自身はビジネスもしながらの超現実的人間。

 

なので、ブログ村のスピリチュアルな世界だけに生きている人は、この3次元のリアルな世界を生きていないと感じられるので、実は苦手。 

 

ブログのアクセスが増えたらいいなぁ〜と思って参加していたブログ村ランキングだったけれど、思想哲学の中のスピリチュアルランキング... 離れて本当に良かった(苦笑)  

お一人だけ「彼はホンモノだろうな」っていう方もいらしたので、こっそり応援させていただきます^^  

 

あと、ブログ村やめてもアクセスは全然関係なかったって面白いですよね。かえって、X (Twitter) からのアクセスも増えているのが興味深い!

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

アメリカ🇺🇸時代に知った乳製品の真実

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今日の記事は、以前主催していたfacebookグループの仲間向けに書いたものを編集UP

 

私は若い頃に軽い乳腺症を患っていたのですが、大学病院の教授先生から「子供を産んでお乳をあげるようになれば治るから」と全く医学的とはかけ離れたことを言われて、「はぁ〜⁉︎」

 

アメリカ、シカゴに移住し、乳腺症&健康チェックの為に「ホームドクター」と呼ばれる一般医に診てもらったところ、アメリカの医学界では何年も前から乳腺症及び乳癌の原因として認められていたのが乳製品だと初めて知りました。

 

「乳腺症は将来乳癌になる可能性もあるので、乳製品は極力摂らないようにすること」と言われて以来、ほとんど乳製品を摂取しなくなって30年以上経ちます。

シカゴは分厚いスタッフドピザが有名だったけれど、チーズは外して食べるように(苦笑)

 

現在は、乳腺症も治り、微かにその跡が残っているくらい。今はごく稀にアイスクリームを食べるぐらい。ピザもチーズ無しで。

 

アメリカで6年暮らして帰国、日本では乳製品が原因という情報は全くなく、そういう話しは政治経済的に流れないようになっているのだろうと長年思っていたけれど、だいぶ時間が経ってから少しずつ「乳製品」の話しが出るようになりましたね。

 

私が気をつけているのは:

 

◎ 小麦製品の《グルテン

◎ 乳製品の《カイゼン

◎ 白砂糖 ⇦ 【追記】

 

  グルテンが大量に含まれる現在の小麦粉は、遺伝子組み換え技術で改造されたもの。血糖を上昇させ、インスリン抵抗性を起こし体を「老化」させる。 グルテンは体内で消化されにくいため、異物となって蓄積し、腸内環境を悪化させる原因になると言われていますが、私が韓国時代に大変お世話になっていた韓方医からも「小麦粉は腸を冷やすので、なるべく食べないように」

 

とは言っても時々は食べたくなるので(苦笑) ネットで国産小麦&穀物粉のパンとか九州小麦粉の無添加パンケーキミックス https://item.rakuten.co.jp/kyunan/kyusyu-pancake/

をゲット、お休みの昨日も家でパンケーキを焼いて食べました^^;

 

  乳製品のたんぱく質に多く含まれるカイゼンは、人間の体内では未消化で腸に送り込まれ、腸に炎症を起こし、腸内免疫を狂わせてしまうと言われと言われています。

スタバのメニューにはラテ&生クリーム山盛りのドリンクがあって地方のスタバでも飲んでいる若い人がたくさんいますね...。

 

今これを書きながら思い出したのですが、昨年夏に健康チェックの為にお世話になったドクター(私たちと同時期にテキサスにも住んでいたことが分かり、ご縁を感じました)からも、グルテンカイゼンには要注意、なるべく食べないようにと言われました。

 

  白砂糖

 

白砂糖は白血球の効力を低下させると言われており、日常的に摂取していると、体内へ侵入しようとする細菌やウイルスを撃退しようとする働きが弱まる。

また、砂糖の消化に必要なビタミンB群やカルシウム等も不足する。

 

2007年に目を患ったのをきっかけに当時住んでいた韓国からわざわざ日本へ帰国して参加した1週間の『玄米菜食』半断食セミナーでは、白砂糖の恐ろしさ等たくさんの学びを得ました。

 

 

世の中は食の誘惑に満ち溢れているけれど、「欲望」を満たすのはごく稀にでOK〜質素な食生活が健康的ということですね。

 

 

ブログTOPにもどる

 

これからの投稿予定は、カテゴリーをご覧くださいね。閃いた時に追記しています。

 

 

プライバシーポリシーおよびお問合せはこちらからお願いいたします